永遠のブランド「シャネル」シャネルの歴史−1♪



    Google検索で「シャネル」と入力し、検索を始めると

    シャネルは、1909年、フランスのパリで始まったことが

    わかる。今から100年以上前です。

    100年以上続く、まさに永遠のブランドですね。


    創立者は、かの有名なココ・シャネルですね。

    彼女のストーリーは、【映画】ココ・シャネル

    になったほどです。


    彼女の愛と壮絶な人生を垣間見ることができます。


    12歳にもならないうちに、母親はなくなり、父親に捨てられ、

    そして姉ジュリアと共に、女子修道院で育てられたようです。

    妹のアントワネットは、30歳でなくなったようです。

    たいへん かわいがっていた妹の非業の死だったのです。


    修道院で、お針子の技術を学んだが、歌手になることを夢見たそうです。

    でも、残念ながら歌手の才能にはめぐまれなかったのでしょうか。

    キャバレーでは、「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」と、

    「Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero

    (トロカデロでココを見たのはだれ)」

    を歌っていたとか。


    その後、趣味で作っていた帽子が評判で、

    帽子店を営むようになたみたいですね。

    これが意外と良い評判だったそうです。


    1909年のことです。


    このころから才能を発揮しだした感じですね。

    その才能は、その後服のデザインにも拡大していきました。


    これが、帽子専門店「シャネル・モード」です。

    その後、1913年に、ドーヴィルに2号店を開店します。

    時は、あの第一次世界大戦の前年です。

    そして、シャネルは。。。


    続きは、No.2でつづりたいと思います。


    誰も知らなかったココ・シャネル




    ♪ No.1 シャネルの歴史−1

    ♪ No.2 シャネルの歴史−2

    ♪ No.3 シャネルの歴史−3


    ホームに戻る
         







SEO [PR] J[hr Mtg@₦΍ `R ^T[o[