10年前にお肌の時計を戻しましょう!


    一人の研究者は、毎日妻のスキンケアを眺めていました?
    ふと、妻が使っているものを手に取り、
    ラベルを見ました。
    いったい妻はどんな成分を使っているのかと...


    ふむふむ...
    ご主人は言いました。
    「これじゃあ、肌には浸透しないな、 使ってもあまり意味がないかもしれない」と。
    奥さんは、
    「そんなことはないわよ!
    つけた翌朝はお肌はしっとりするし、
    つけ忘れた時なんか、
    小じわが増えて大変なんだから」 です。

    ご主人は、言いました。
    「それはそうだろうね。
    化粧水だ、乳液だ、クリームだと塗って
    肌をこれだけカバーすれば、
    保湿効果はあるはずだから」。

    翌日、ご主人こと
    当時、カリフォルニア大学薬学部教授の ブライアンケラー博士は、
    自分の研究課題であった、
    医療レベル浸透技術を用いて
    ビタミンCを配合した美容液を作って、
    自宅に持ち帰ったそうです。
                                      
    妻は、だまされたと思ってそれを…
    そして、翌朝、鏡を見ながら笑顔を抑えても、
    抑えきれないといった表情の妻を見、
    「成功だ」と感じたそうです。
    やさしいご主人ですね。
    その後も博士は、さらに研究を重ね、
    医療レベル浸透技術を用いたスキンケアアイテムを
    作り上げました。

    医療レベル浸透技術により、
    リポソーム・ナノカプセルが誕生したわけです。
    これは、わずか0.1〜0.3μm(ミクロン)。
    肌の細胞が60〜80μm、
    一般的なクリームが10〜30μm
    ということで、ずっと小さなものです。

    スキンケア・美白効果に3つの成分:
    ハイドロキノン(漂泊型)、
     (できてしまったメラニンを薄くする)
    シムホワイト377(予防型)、
     (メラニンの発生を抑えて、シミをできにくくする)
    ビタミンC(抗酸化型)
     (シミになる活性酸素を消去する)
    などが必要となります。

                                      
    ほかにも、
    コラーゲンとヒアルロン酸などもそうですね。
    しかし、これらの有効成分は、
    水にはなじんでも、アブラにはなじまないものなんです。
    それで、博士は、アブラで覆われた人の肌からは
    浸透しにくく、
    肝心の表皮や真皮までは届かないという
    ことを容易に予測できたわけです。
    まさに、薬学部教授ならではですね!

    話がむずかしすぎたでしょうか?
    つまり、ナノ技術の活用により、
    お肌への浸透を助けたわけです。
    それゆえ、普通では浸透できない
    有効成分も、たいへん細かい状態で
    お肌に浸透し、奥さんも大喜びとなったわけです。
    お友達には、美容外科でプラセンタか
    ヒアルロン酸打ったって聞かれたそうです。
    めでたし、めでたし。
    なんだか、ためになる日本昔話みたいになってしまいました。

                                      
    博士は、この技術で国際特許を取得し、
    スキンケアのための
    開発に取り組むことになりました。
    奥さまのためとはいえ、本当にすばらしいですね。
    いまでは、あのハリウッドセレブもご愛用の
    ビーブレンは、こうして誕生したのです。

    日本人の女性のお肌にも安心!
    製品の開発時には、必ず50人の
    日本人女性モニターに
    アレルギーテスト、 効果テストなどを行なってもらうそうです。
    アメリカの最新テクノロジーが
    日本人のお肌にそうようこだわっているわけですね。

    詳しくは… ↓↓↓

    医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen


                                           

 



SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー